calendar

2014年9月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

archive

バカ犬が名犬に

去年、長年暮らしたマンションを手放して、一戸建てに引っ越しました。
庭付きの家を手に入れたのを機会に、かねてから憧れていた犬を飼うことにしたんです。小さい頃に「名犬ラッシー」を読んでから、ラッシーみたいに利口な犬と一緒に暮らすのが、わたしの夢でした。
本当はラッシーみたいなコリー犬が良かったけれど、我が家の敷地は外国のように広くはありません。大型犬を飼うのは難しいので、コリーは諦めて、シェットランドシープドックを選びました。シェットランドシープドックは未ニコリーとも呼ばれていて、小さめのコリーのような外観をしているのです。手頃なサイズなので、わたしたちのようなアラカンの夫婦にもピッタリだと思いました。

コリーではないけれど、名前はもちろんラッシーにしましたよ。なにしろ、小さい頃からの夢ですから。
ところが・・・うちのラッシーは、ちっとも名犬ではなかったのです。トイレは覚えないわ無駄吠えはするわ、カーペットやカーテンをビリビリに引き裂くわで、とてもわたしたちの手には負えませんでした。
小さいうちは笑って見逃していた噛み癖も、大きくなってくると流血ものです。本人いえ、本犬は悪気はないようなのですが、もうどうしたらいいのか・・・。

わたしたちは、おバカなラッシーを名犬にするべく、ドッグトレーナーさんに助けを求めました。ドッグトレーナーとは、犬のしつけをする専門家のことです。
警察犬や盲導犬を訓練する訓練士さんとは違って、ペットの犬が一般家庭で暮らすのに必要なルールを、犬に教えてくれるのです。
ドッグトレーナーさんに依頼してみてわかったのは、決してうちのラッシーがおバカだったのではなく、飼い主であるわたしたちの育て方に問題があったということでした。ただかわいがるだけじゃ、ダメだったんですね。ドッグトレーナーさんに正しいことを正しい方法で教えてもらうと、ラッシーはみるみるお利口になっていきました。
どんな犬でも、正しくしつけをすればお利口になるのだと、身にしみて感じました。

ドッグトレーナーの他に、ペットシッターさんも飼い主の強い見方です。ペットシッターさんに世話を頼めば、ペットを長時間家でお留守番させることができます。
また、飼い主が病気やケガをした時も、ペットシッターさんにお散歩や世話を頼むことができます。ドッグトレーナーやペットシッターの力を上手に借りることは、犬と楽しく暮らすための秘訣だと思いますよ。

情報サイトへ

ドッグトレーナーの資格を取得するなら/養成講座ガイド